ホーム
レシピ
ショッピング
ブログ
運営者とサービスについて
BENZA社のオリーブオイルについて

BENZA社のオイルとの出会いは2010年6月に初めてリグーリア州を訪れたときのこと。西リヴィエラに滞在した際にリストランテでサラダ用に出されたテーブルオイルが、BENZAのBuonOlioでした。その美味しさに感動し、リストランテがオイルを仕入れているというエノテカを訪問して入手し、日本に持ち帰ったオイルをテイスティングしたところ、デリケートでマイルドなタジャスカの特徴はもちろんのこと、松の実やアーモンドなどの香りを持つ風味豊かな素晴らしいオイルだったのです。ようやく探し続けた理想のタジャスカオイルに出会えたのでした。

BENZA社は1853年から北イタリア・リグーリア州の西にあるインペリアでオリーブオイルの生産を始めました。4000本のオリーブの木を所有し、全ての作業を家族経営である自社で行っています。昔からの伝統を大切にし丁寧に作られるオイルは、リグーリアの主要品種であるタジャスカ種から作られます。完熟するのに時間のかかるタジャスカ種は遅摘みで、充分熟した小さな実から作られるオイルはデリケートでマイルド。そして甘みがあるのが特徴です。BENZA社のオイルはそんなタジャスカの性質を存分に活かしたものが主流ですが、まだ実が青いうちに早摘みして生産するなど、オリーブを熟知しているからこそ出来る試みもしています。タジャスカにも色々な表情があることを教えてくれるオイルを2種揃えました。どちらも100%タジャスカ種のエクストラバージンオリーブオイルです。

ブォンオリオ ブォンオリオ (フィルター)
Olio Extra Vergine di Oliva "BuonOlio" (filtrato)

500ml :

¥2,268 (税込)

この土地のオリーブ品種であるタジャスカ種を使ったBuonOlioはアーモンドや松の実の香りを持ち、充分に熟した実を使うことから甘みを感じるのが特徴です。魚介類やハーブととてもよく合います。

クリュ・トゥレDOP クリュ・トゥレDOP(フィルター)
Olio Extra Vergine di Oliva "CRÙ TURÉ DOP" (filtrato)

500ml: ¥3,996 (税込)

通常遅摘みされるタジャスカ種ですが、CRÙ TURÉ(クリュ・トゥレ)は珍しく早摘みした果実で作られます。タジャスカの実は10月終わり頃から一部が熟し始め、全ての実が完熟するのには3月頃までかかることも。このオイルに使われるのは11月頃に収穫するまだほとんどが緑色の実。単一畑からの果実のみを使用し、DOP認定されたオイルです。他のタジャスカオイルと比べると、その風味はとても香り高くフルーティー。タジャスカオイルにもこんな力強い風味があることを確認できるオリーブオイルです。 魚介類はもちろんのこと、鶏肉などとの相性も抜群です。

Pasta di Olive Taggiasche タジャスカオリーブのペースト
Pasta di Olive Taggiasche

170g: ¥1,188 (税込) 売り切れ

原材料:塩水漬けタジャスカオリーブ、エクストラバージンオリーブオイル、ハーブ(タイム・ローズマリー)

タジャスカオリーブを7-8ヶ月間風味漬けのハーブ(タイム・ローズマリー)とともに塩水漬けし、ペーストにして瓶詰めした後、エクストラバージンオリーブオイルを満たしています。
厳選されたシンプルな素材で作られたペーストは、パンにそのまま塗ったりパスタにからめると立派な一品に。その他にもトマトソースのコク付けとして、またはグリルした魚に添えたりしても美味しくお召し上がりいただけます。